高坂ここなは歌って踊れるロボットアイドルです。モーションフィギュアープロダクションのロボットアイドル第一号です。
  
プラットフォームとして、スリムで美しいフィギュアの外観を忠実に実現しつつ静かに且つ滑らかに動かすことを目指し設計されたMODEL MOFI7 Pro を利用して製作されています。
  
外観と機能をより進化させ、外装として世界初の美しいフィギュアライクな『Real 3D Skin』を持ち、丈夫な「骨格」、自由度の高い「4軸ステー」、モーターやCPUなどを内蔵する「からくりユニット」から構成されています。
  
今までで最多の関節数34軸を誇るダンサブルタイプのモーションフィギュアーで、体を支えるステーに4つの自由度を持たせたことで自由に踊ることができ、多数の関節により今までにない繊細で柔軟な表現が可能です。例えば、手首だけで3つの自由度を持っているので、一般的なロボットでは不可能な繊細な表現をすることが可能になりました。
  
また、IT業界デファクトのRaspberryPi3基板を実装してLINUXでのソフト開発が可能であり、また人気の高い3DCG制作ソフト MikuMikuDanceでモーション作成が可能となっています。
    
PCやタブレット、スマホなどはもちろんクラウドとも連携して動作することを前提に設計された、各種のIT系やIoT系のアプリケーションソフトウェアを開発することが可能なプラットフォームです。
  
  

  

Real 3D Skin

外装は、美しい硬質樹脂+塗装によるフィギュアーライクな 『Real 3D Skin』
Outer skin is made of hard plastic and beautiful painting.

34 DOF(Joint)

一般の2足歩行ロボットでは実現不可能な34自由度を持つダンサブルタイプ
Equipped with 34 joints. It can realize smooth operation.

45㎝ tall

フィギュアー部の身長約45cm
The Figure is 45cm tall

Figure like outlloking

繊細でスリムなフィギュアーの外観を忠実に実現 
Realized beautiful and slim outlooking of Figure.

Hard Skin and Paint

一般のフィギュアーと同じく、硬質樹脂に美しい塗装を施しています。

RaspberryPi3

CPUとして、RaspberryPi3 基板を実装(LINUX搭載)
CPU is RaspberryPi3 with Linux.

Stay with 4DOF

4自由度のステーを備え、自由にダンスすることが出来ます。
Equipped with 4 joint stay for nice dancing.

Karakuri Unit

高価なサーボやCPUが搭載されたからくりユニット下部が分離可能でメンテナンス性が高い
CPU and Servos are separately equipped in the Karakuri unit. It can realize easy maintenance.

  •   
  • 外観と機能をより進化させた『リアル3Dモーションフィギュア: Model MOFI7 Pro』は、外装として世界初の美しいフィギュアライクな『Real 3D Skin』を持ったモーションフィギュアーで、丈夫な『骨格』、自由度の高い『4軸ステー』、モーターやCPUなどを内蔵する『からくりユニット』から構成されています。
  •   
  • 今までで最多の関節数:34軸を誇るダンサブルタイプのモーションフィギュアーで、体を支えるステーに4つの自由度を持たせたことで自由に踊ることが出来、多数の関節により今までにない繊細で柔軟な表現が可能です。例えば、手首だけで3つの自由度を持っているので、一般的なロボットでは不可能な繊細な表現をすることが可能になりました。
  •   
  • また、IT業界デファクトのRaspberryPi3基板を実装してLINUXでのソフト開発が可能であり、また人気の高い3DCG制作ソフト:MikuMikuDanceでモーション作成が可能となっています。
  •   
  • 『リアル3Dモーションフィギュア: Model MOFI7 Pro』はPCやタブレット、スマホなどはもちろんクラウドとも連携して動作することを前提に設計された、各種のIT系やIoT系のアプリケーションソフトウェアを開発する事が可能なプラットフォームであり、動くユーザーインターフェースとしての役割を担っていきます。
  •   
  •  
 
  •   
  •  ●型番: Model MOFI7 Pro
  •  ●フィギュア身長:約450mm  
  •  ●外形寸法(おおよそ): W360 x D400 x H600mm
  •  ●外装は硬質樹脂によるフィギュアーライクな『Real 3D Skin』
  •  ●関節自由度 34軸
  •   ・頭部:  3軸(左右回転、左右傾き、前後傾き)
  •   ・腕:    7軸 x 2本(肩回転、肩開き、上腕回転、肘、手首x3)
  •   ・足:    5軸 x 2本(もも前後、もも回転、開き、膝、足首)
  •   ・腰:    3軸(左右回転、左右傾き、前後傾き)
  •   ・ステー: 4軸
  •  ●駆動方式: 多関節両引きワイヤー駆動方式(特許取得済み)
  •  ●関節可動範囲: 最大200度程度(部位による)
  •  ●ホストとの接続: WiFi、LANなど
  •  ●入出力コネクタ: 電源、LAN、HDMI、USB x 2、オーディオ(ミニジャック)
  •  ●CPUとして、RaspberryPi3 基板を実装(LINUX搭載)
  •  ●MOFI-OS ver2.0搭載(PCやスマホなどからHTTPにて操作可能)
  •  ●MikuMikuDance にてモーション作成可能 ( .pmx、.vmdファイル利用 )
  •  ●高価なサーボやCPUが搭載されたからくりユニット下部が分離可能でメンテナンス性が高い
  •   
  • Model MOFI7 Specification
  • ・45㎝ Motion Figure with hard outer skin
  • ・34 DOF realize smooth operation of the Doll
  • ・Speecys' Motion Figure System: Twin wire drive multi joint system
  • ・34 joints
  •   Waist: 3 joints
  •   Legs: 5 joints x 2
  •   Arms: 7 joints x 2
  •   Head: 3 joints
  •   Stay: 4 joints
  • ・Host connection: WiFi and LAN, etc
  • ・I/O: Power, LAN, HDMI, USB x 2, Audio(Mini jack)
  • ・RaspberryPie3 CPU and LINUX
  • ・Motion Creation: Animation creation tool: MikuMikuDance
  • ・Servo Motors and CPU are separated into bottom part of the "Karakuri Unit".
  •  You can change Figure unit with upper part of the "Karakuri Unit" easily for reduction of the cost and maintenancability

  


  
当社の所有する特許技術の一部を写真でご紹介します。
当社の技術を一言で説明するならば、
  
  ”必要な場所に必要な関節を簡単に美しく設置できる”
  
という技術になります。そのため、リモートモーター技術を業務用のモーションエンタテインメントに応用して製品開発をしています。
 
例えば当社のモーションフィギュアーは、細い腕の先の手首の関節を3方向(3軸)に動かす事も可能となっており、それにより素晴らしい表現力を身に付けています。
  
エンタテインメントで ”動かす” 事に関するご相談がございましたらぜひお声がけください。
  
Summary of Speecys' patented technology is to put multi joint system easily into anywhre you need. If you have anything necessary to "MOVE", please ask us.
  
  
Body Unit
 

ボディーユニットは関節数に比例して複雑になります。特に肩や腰など1か所に数個の関節が組み合わされる部分をいかにスマートに設計するかがクールな外観のモーションフィギュア実現のキーポイントになります。
 
当社では、 "Twin Wire Multi Joint Drive System" を採用しています。
 
Body Unit is getting complex according to the increased number of Joints. Especially shoulders, wrist and waist need smart design to realize cool outlooking of Motion Figure.


Upper Part of Karakuri Unit
 


からくりユニット上部になります。高価なサーボやCPUなどはからくりユニット下部に集中させ、上部は、ボディーユニットとのワイヤーの簡易な接続と下部との精密な接合を行います。
 
当社では、"Multi Servo Connection and Tension Control System" を採用しています。
 
Upper Part of Karakuri Unit is for connecting with Body and Lower Part of Karakuri Unit. It realize easy connection of wires and easy and stable connection with lower part.


 
 
Lower Part of Karakuri Unit
 


からくりユニット下部には多数のサーボとCPUボードなどが実装されます。部品価格的にはこのユニットが高価になりますので、他のユニットとは分離出来ることが必須です。またこのユニットが容易に分離できることでサーボモーターの交換などが容易に行えます。
 
当社では、"Easy Maintenance Unit Joint System" を採用しています。
 
Lower Part of Karakuri Unit equip many servos and CPU, etc. This unit is most expensive unit so it should be separated from other unit. It allows us to change Characters and easy maintenance of Servo Motors.